dsc09410

9周年フォーラムが無事終了しました。

9月15日木曜日、新潟サポステ9周年セミナーを中央図書館(ホンポート)で開催し、

無事終了致しました。

当日は約110名の関係機関、サポステ利用者、一般の方の来場があり、満員御礼となりました。

dsc09410

第一部では、総括佐藤がサポステの事業説明と現在の課題の説明を行い、

その後宮本みち子先生の講演がありました。

dsc09419

どのような背景から困難を持つ若者が増えて

きたか、そして、その課題に対してどのような解決策が行われてきたかを序盤丁寧に説明

して頂きました。その後は様々な話題に触れつつも

「家庭の貧困が中退の背景にある場合が少なくない」

「履歴書が書けない若者が多い」

「何らかの困難な状況にある若者には生育環境の問題解消も含め積極的かつ、直接的な支援が必要」

「ヨーロッパですでに行われる学ぶことと働くことをセットにするデュアルシステムのような仕組みが必要ではないか」

等々、現在の支援の仕組みではカバーできない課題に対しても言及してくださいました。

dsc09463

後半のパネルディスカッションでは、生活困窮者支援、若者就労体験協力企業、若者支援、若者就労支援の

立場から「若者が地域で社会で自立していくために」と題してパネルディスカッションを行いました。

パネルディスカッションには宮本先生にも入っていただき、ファシリテーターはサポステの先駆けである自立塾で

支援経験のある当団体の小椋が勤めました。

「職歴が無い方、なんらかの障害特性があって就職・就職後の定着が難しい方、家庭の様々な問題を抱えている若者に対する

支援をどのように行っていけばよいか」

「ジョブトレは就労に繋がるための有効な手段だか、交通費が無くて通うことが難しくてあきらめる人もいる」

↑こちらは生活困窮者支援事業の場でも同じことが起こっている

等の問題点についても話し合われました。

「働くことだけが人生の目的ではない。オールでは、生きる力を養ったり、どうやって居心地良く暮らすか等も知っていく場として

あって、そこから復学や就職に向かってもらいたいと思っている」 若者支援センター オール 近さん

「企業は人件費をコストとして見ていてはいけないと思う。人件費は利益だと思ってみていって欲しいと思う。

新入社員が利益を生み出すまでには年単位で時間がかかるが、長く勤めてもらって初めて一人前になって

企業に利益が出てくる。ジョブトレや中間就労は、企業にとってはじっくりと人を見極める良い機会になるの

ではないか」 株式会社トラステック 島社長

等、ここでは書ききれないくらい様々な意見が出ました。

今回のフォーラムの話を聞いた若者のアンケートを見ると、何か希望が見いだせていたような感じを受けます。

包摂的に若者を受け入れていく社会を実現するために、わたしたちに何ができるのか、改めて

考えさせられる良い機会となりました。

最後に今回のフォーラムで受付や会場準備をしてくださったサポステの利用者の皆さん、

本当にありがとうございました。一生懸命準備を手伝ってくださる皆さんの姿に、

わたしたちスタッフも「がんばらねばっ!」と思わされました。

 

 

 

親セミナー

親セミナー開催のお知らせ

今年度も親セミナーを開催いたします。

お子様の就職のことでお悩みの親御さんを対象に開催し、

お悩みのご家族の方が共に集い、悩みを共有できる場にしたいと思っています。

また、臨床心理士によるストレスマネージメント実践も行います。

お子様との関係や家族関係を良好に築く、または保つための実践方法を学びます。

詳しくは以下をご覧ください。

※おかげさまで参加定員に達しました。ありがとうございました。

img_0738

職場見学会@東区

9月9日(金)、職場見学に行ってきました。

今回の職場見学をコーディネートしてくださったのは、

協同組合 新潟木工センター様です。ご協力大変感謝致します。

今回は就労準備支援事業所晴れる屋さんの利用者さんも一緒に見学しました。

ところで、今回の見学先は

①西川運輸興行株式会社様

②アイウッド株式会社様

③株式会社博進堂様

④株式会社牧野塗装所様

の4か所でした。それぞれご協力くださった企業の担当者様、お忙しい中

大変ありがとうございました。

1社目の西川運輸さまでは、どのような種類の輸送物を運んでいるのか、

倉庫内の仕事はどのような作業を行うのか、応募求人情報等も教えてくださいました。

「夜のシフトのお仕事もあるので、朝は苦手な方は夜働くこともできますよ」と

柔軟な働き方に関しても説明してくださいました。

新潟、せんべい王国ならではの大量の米粉もありましたよ。

img_0738

 

2社目のアイウッドさまは、オーダーメイドの家具やウッドデッキ、建具等を自社で

木材を仕入れて加工、販売している企業です。ここではどのような職員の方が

いるのか、どんな機械を使って加工するのか、どんな工夫をしながら仕事を行って

いるのか等を聞くことができました。

img_0741

木材を自動で加工する機械です。動きがすごく細やかで驚きました。

img_0745

こちらも自動で加工する機会です。あっという間に

複雑な加工が完了します。。。

 

3社目は、博進堂さまです。こちらはアルバム制作をメインに

行う印刷会社です。ひろーい工場の中を大変丁寧に説明して

頂きました。データ作成・デザイン部門、製版部門、印刷部門、製本部門、

全ての工程を見せていただきました。

p1020420bbb

p1020422bbb

img_0752

年末の製本の求人に関しても情報提供頂きました。

 

4社目は、牧野塗装所さまです。

木工塗装を専門とした会社で、家具等の塗装を行っています。

工場内も見学させていただきましたが、

有機溶剤のにおいがして塗装作業を職人さんが

一生懸命作業をしているところでした。

img_0753

p1020425

牧野社長は、バブルの頃の話から、最近の

経営状況等のことも含めて説明してくださいました。

「仕事を休まないことが大切です!」とズバッと助言頂きました。

確かに、人員的にゆとりがある会社は今は少なく、

個の負担が大きいです。そこで簡単に仕事を休んでしまうと、

周りに負担がかかってしまう。。。それは事実ですね。。。

という感じで、最後の箇所の見学を終了しました。

その後木工センターさまに戻って一日の振り返りをしました。

一人ずつ感想を共有したのですが、

「実際に働く現場を見たことで求人票や紙面からはわからない現場の様子や生の声が聞けて良かったです」

「木工業の仕事を考えていたので、実際に見れて良かったです」

「一日に4社も見れることはなかなかないので、とても勉強になりました」

等、感想を頂きました。

また、最後に木工センター 事務局長の川瀬様から、温かいエールをいただき

見学会が終わりました。

今回参加したみなさんは、どなたも「来てよかった」とアンケートに書いていました。

実際に職場見学に参加するのは気持ちの面で少しハードルが高いかなと思って

しまう方もいるかもしれませんが、とりあえず参加してみると、「来てよかったな」

ときっと思ってもらえると思います。ぜひ機会があったら、参加してみてください。

 

 

 

 

民謡流し-e1472184103219

新潟まつり大民謡流し

こんにちは\(^o^)/

いつも、ご覧いただきありがとうございます♪

先週8月5日金曜日に開催された『新潟まつり・大民謡流し』に参加して来ました。

今回は‘新潟市若者支援センター‘さんにご協力をいただき、

大人数で楽しむことができました。

万代町通を「新潟甚句・佐渡おけさ」を踊りながら進み、

かき氷を食べ休憩したり、たっぷり夏気分を味わう事ができました。

始めは「踊れないから・・・・」と言っていた方も最後には

みんなでそろって踊る事ができました♪

楽しい時間をありがとうございました。

 

今後も皆さんにお会いできる機会を計画しますので、ご参加くださいね♪

 

P1070264

9周年フォーラムを開催します!詳細が決まりました。

こんにちは。

今年も新潟サポステではフォーラムを開催します。

9月15日(木)午後2時~ @中央図書館(ほんぽーと)3F

「ここから始まる!全員参加型社会への挑戦」
~若者就労支援の現状と中間的就労の可能性に関して考える~

フォーラムチラシができましたので、お知らせいたします!参加希望の方は、

以下のチラシを印刷してFAXいただくか、お電話、またはメールにてお問い合わせください。

フォーラム2016

1

2

 

1P1080038

ホンキの就職、絶賛開催中です!

こんにちは。ホンキの就職ファシリテーターをしているクリスです。

6月20日からスタートしたホンキの就職ですが、今日で三日目を迎えました。

1P1080038

合計7名でスタートしたホンキの就職。三日目現在で5名の方が応募しています!

皆さんやる気が素晴らしいです。何より、今までの自分よりも少しでも前へ、一歩でも前へ

出ようという気持ちを持って参加している皆さんが、とても輝かしいです。

今日は面接のロールプレイを行いました。参加者で①応募者役 ②面接官役 ③観察者役に別れて、

ロールプレイを行いました。

「あなたの自己PRは何ですか?」との面接官役の問いかけに、緊張しながらも一生懸命答える皆さん。

大体の方が自分の強みをしっかりと伝えられていたのではないかと思います。

今回が5回目になる新潟サポステでのホンキの就職。

次回は8月末を予定しています。なんと、新しいファシリテーターがデビュー予定!!

彼の活躍が楽しみです♪

IMG_0355

ナミテテさん9周年記念 アフリカンナイト にお邪魔してきました。

少し報告が遅くなりましたが、6月7日に行われたナミテテさんの9周年記念イベント「アフリカンナイト」

にお邪魔してきました。アフリカのストリートチルドレンの支援をしている松下照美さんの講演と、

サカキマンゴーさんのライブがあり、アフリカンなお店で行われたためとても

非日常な感じがしました。

松下さんの支援のお話は日本の現実とあまりにもかけ離れていて、なかなか想像するに及ばなかったですが、

日本を離れて、肌の色も、話す言語も違う国で子どもたちの支援を行う松下さんの情熱に、ポッと心が熱くなりました。

IMG_0354

 

松下さんの講演の後は、サカキマンゴーさんのライブがありました。

親指ピアノというアフリカの楽器をもちいて演奏を行うマンゴーさんは

同じ日本人とは思えない出で立ちで、どこかの部族から飛び出てきたような

雰囲気でした。

IMG_0355

演奏はSUGOIのひとこと。メディテーションができそうな

ゆるやかな、モア―っとゆったりと響く音が体に染み渡る感じでした。

さて、そんなナミテテでは日頃からジョブトレでお世話になっています。

パン屋さんでのジョブトレはナミテテさんが唯一のJT先です。

スタッフの皆さんも暖かくJT生を迎えてくれるので、本当にいつも

助けられています。

DSC_0460

2016年度 第一回JT受入企業連絡会を開催しました。

昨日6月14日(火)の18:30より、JT受入企業連絡会を開催しました。

当日は17名の参加で、ご多忙の中、関係機関各所の皆様にお越しいただきました。

今回ははじめて?のグループ討議をしました。

DSC_0460

JTを受け入れてみての感想や率直な意見、今後のジョブトレや就労支援を

どのように質を上げていけば良いかを話し合いました。

「JTを受け入れるメリットは企業には無い。人手もかかるし、企業にとってはマイナスなくらいかもしれない。

ただ、受入に関しては心意気でやってるんです。うちに来た方がJTを経てどのように成長していくか、

また、その後どう生きていくのか見ていたいという気持ちもあって、受け入れています。」と語る ㈱トラステック 島社長。

様々なご意見を頂き、スタッフとしては勉強になる良い機会となりました。

また、新潟サポステのジョブトレは、暖かいハートを持った受入企業様によって成り立っているんだなーと改めて思わされました。

職歴が無くても、何度か失敗していても、働くことに大きな不安を感じていても、大丈夫!

「とりあえずジョブトレをやってみたら!?」と自信を持ってお勧めできる就労体験プログラムです。ぜひ興味のある方は

お問い合わせください。

5月

イベントのお知らせ

卒業生の皆さまへ

6月に入り夜の風が優しい季節になりました。

サポートステーションでは就労された方を対象にイベントを予定しています。

お仕事をスタートされた皆様いかがお過ごしでしょうか??

6月15日夜、気分転換に一緒に歩きませんか。

 

集合場所 サポステ1階エレベーター前19時集合

所要時間 19時05分スタート 20時新潟駅解散予定

歩きやすい服装・靴でお越しください。

要予約です。電話かメールでお願いいたします。

TEL025-255-0099 E-mail nigts@roukyou.gr.jp

お問合せお待ちしております。

担当久住