IMG_0543

ジョブトレイン新潟2018が無事終わりました!

ジョブトレイン新潟2018 カタルシスミーティングが無事終わりました!!

当日は80名を超える参加があり、サポステ生、JT生、サポステ卒業生、JT受入企業、まだ受入をしていない企業、

支援機関の方々、様々な方にお越しいただいて、大盛況なジョブトレインでした。

IMG_0543

今回はいつも行っている成果発表が無くなり、その代わりにワールドカフェ方式のグループワークを約90分間

行いました。若者の声が聴きたい企業の方、企業の声が聴きたい若者、その間をとりもつ支援機関の皆さま。

それぞれの立場から出た意見は、とてもまっすぐで、優しさや厳しさ、期待や不安が交錯していて、これこそ

リアルな声だなーと思う発言が溢れていました。おそらく、こんな規模で若者と企業が意見交換できる場は

なかなか無いのでは!!??本当に貴重な機会になったとスタッフも驚いております。

会場が狭くて、お互いの声も聴きずらい中、一生懸命にお話ししてくださりありがとうございました。

参加した皆様には、アンケートと発表された内容をスタッフでまとめたものを近日中にお送りいたしますので、

今しばらくお待ちください。この度はお越しくださりありがとうございました。

IMG_0546

 

IMG_0547

IMG_0548

IMG_0549

 

IMG_0550

 

IMG_0551

 

IMG_0556

 

IMG_0552

 

IMG_0553

 

IMG_0554

 

IMG_0555

IMG_0507

マインドフルネス研修が行いました!

新潟は再び雪が降り出し、朝起きるのが億劫な日が続きます。

さて、先日1月26日に、「マインドフルネスを学んでやってみよう~支援者が普段の力を発揮する気づき~」

研修を開催しました。約30名の参加があり、足元の悪い中多くの方々に支えられて開催ができました。

今回は、今話題の「マインドフルネス」。マインドフルネスとは、「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、

評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」と定義されています。今回は、東京の大澤昇氏を

お呼びして、「学んでやってみよう!」ということで研修会となりました。

「援助者は自分の器以上の援助はできない」というモットーをお持ちの大澤先生。

講義ではマインドフルネスの流れ、定義、効果、語源等を学び、その後に実践が行われました。

ボディースキャン、呼吸瞑想、振子瞑想、歩く瞑想、食べる瞑想を行いました。

スタッフクリスがやってみた感想は、、、「意図的に意識を集中するって大事なんだな~」ということです。

特に感じたのは「食べる瞑想」です。その日はレーズンを使ったのですが、このようにレクチャーがありました。

 

まず、レーズン1粒を手のひらに載せてください。そして、どんな見た目なのか、しわがあったり、重さも感じます。

農園で育ってきた様子なんかも想像してもいいです。次に、触ってください。かたさ、やわらかさ、どんなさわり心地か、

重さも感じてみてください。次に、匂いをかいでみてください。どんな香りがするか感じてください。

次に、唇に載せて、唇で触感を感じてみてください。次に、口の中に入れてみて、舌や口全体で感じてみてください。

どんな味がするでしょうか。次にじっくりと、ゆっきり噛んでみてください。また違った味が出てきます。

じっくりと噛んで、味わってみてください。良く噛んだら、次に飲み込んで喉を通り過ぎていくのを感じてください。

 

食べる瞑想とは、このようなものらしいです!じっくりと味わう事で、なんと、ダイエット効果もあるそうです。

忙しく日々を過ごしている私たちは、こんなにゆっくりじっくり食べ物を味わうことを忘れているな~と感じました。

週に1日は、朝、昼、夜のご飯を、じっくりと味わってみたいですね。

IMG_0507

 

とにかく、、、マインドフルネス研修会は、そんなことを思わせる会だった!?かなあーと感じています。

呼吸しかり、食べることしかり、日々の動作を意識してやってみると、何か物事が違って見えてくるかもしれませんよ!?

スタッフクリス

P1080789

10周年フォーラムが無事終わりました。

皆さんこんにちは。

11月10日金曜日、無事フォーラムが開催されました。

当日は100名を超える来場があり、日頃よりお世話になっている若者支援団体や関係者、

サポートステーション利用者、一般市民等、多くの方々の参加がありました。大変感謝しております。

今回は「サポステととなりのニート君」と題し、これまでの10年を振り返るとともに、これからの新潟を考える

というテーマで開催しました。第一部では、岩本さん(NPO法人ヒューマンフェローシップ代表理事であり、

湘南・横浜若者サポートステーション総括)にご講演頂きました。

「持続可能な若者支援モデル」と題し講演いただき、岩本さんがしている横浜での取り組みに

耳を傾けました。

「相談できる人はいますか?」 「役割はありますか?」 「大切にされていると感じますか?」

これは湘南・横浜サポステでスタッフが来談者に聞くことだそうです。

来所者の7割近くが男性、10~20代前半が多い横浜では、そこにくる半数以上がいじめや不登校歴がある

方だそうです。また、家族に多問題がある方も多く、そのような方々の働くための基礎づくりをK2(運営団体)で支援しているようです。

どのように支援をしているかと言うと、

①働くための前提となる生活・住まいの安定。生活圏をまるごと安定させる。一軒家型の共同シェアハウスを運営。

②課題を抱えながら働ける場づくり。ケア付き就労=中間的就労。元当事者で運営している。学食、食堂、パン屋の運営

③働き続けるための支援の循環型コミュニティづくり(支援される側から支援する側へ)

正社員の半数ぐらいが元当事者であるK2では、支援されていた方が支援する方へ変わっていく。

その姿を新潟でも見られるようになるば良いなとうらやましく思いました。

P1080789

後半のパネルディスカッションでは、岩本さんを含め、新潟サポステのジョブトレ協力企業である総合フードサービス代表の長嶋社長、

元サポステ利用者のお二方、サポステ職員である新美と、パネルディスカッションを進行する若者支援センターオールの岡支援員

のメンバーで、これまでの新潟とこれからの新潟を語り合いました。

岩本「戻れる場所がサポステであると良いが、サポステは単年度事業のため、不安定。働き始めるとサポステは行きづらいが、

お好み焼き屋があると、また行きやすい。」

新美「8年の歳月がたった。まずは、社会や周囲の理解をなかなか得られないということ。もっと困っている人がいると言われるが、若者は皆、働きたいけど働けないで困っているということ。2つ目はコストギャップ。若者支援をしない場合のコストの方がかかること。3つ目は、新潟市には若者支援の現場が結構あるが知られていない、周知の足りなさがある。」

P1080796

など、多くの意見が出ました。

これからの新潟を考えていく上で、大切な言葉が溢れていました。

お越しくださったみなさま、本当にありがとうございました。

 

 

 

oyaseminar

親セミナー 開催のお知らせ

HPでのお知らせが大変遅くなり申し訳ございません。

2017年最後の親セミナーを開催いたします。

詳細は、チラシをご覧ください。定員にまだ空きがあります。

参加希望の方は、メールまたは電話でお問い合わせください。

View Fullscreen
10

新潟サポステ 10周年フォーラムを開催します!

こんにちは。

この度新潟サポステでは、開設10周年を祝い、記念フォーラム「サポステととなりのニート君」を開催いたします。

これまでの10年を振り返ると共に、これからの若者支援を考える会となります。

第一部の基調講演として、NPO法人ヒューマンフェローシップ代表理事であり、湘南・横浜若者サポートステーションの総括でもある

岩本真実氏に講演頂き、第二部のパネルディスカッションではサポステ開所当初を元利用者の方と振り返ったり、支援機関の

方からお話していただく機会となっております。万障お繰り合わせの上お越しください。

申込はFAX、メールまたは電話で受け付けております。

View Fullscreen
民謡流し2

新潟祭り大民謡流し

民謡流し

梅雨が明け暑い日が続いていますが、みなさん元気に過ごしていますか♪

夏楽しんでいますか?私は先日岩がきを食べました。

とっても濃厚で甘く美味しく、また食べるために頑張って働きたいと思っています。

 

そして先週8月4日新潟祭りの大民謡流しがありました。

4名の参会者さんと、とまどいながら一緒に踊ってきました。

皆さん踊れないなと不安な様子でしたが、

総括の佐藤の踊りが美しく、後ろについて真似をしながらなんとか付いていきました。

終わってしまうと、あっと言う間に解散で少し寂しい気持ちになりました。

残りわずかな夏を満喫しましょうね。

 

全員から写真の掲載の許可を頂いております。

 

IMG_0907

職場見学会 @環境をサポートする株式会社きらめき様

5月10日(水)、職場見学会に行ってきました。

今回の参加者は9名で、清掃業に興味ある方々が参加しました。

当日の流れは、

①きらめき様本社にて清掃の実技講習

②きらめき様清掃現場(オフィスビル、 ビジネスホテル)の見学

でした。

①では、

IMG_0894

環境をサポートする株式会社きらめきの小野さんがレクチャーくださいました。

今回は、自在ぼうきの使い方、ほうきのかけ方~チリトリで回収するまでを習いました。

IMG_0897

こちらが自在ほうきとチリトリです。では、やってみましょう。

IMG_0901

IMG_0900

とても熱心に教えて下さる小野さんの指導の下でほうきの掛け方を習います。

スタッフも挑戦してみましたが、意外と難しかったです。さすが小野さん。

一通り自在ぼうきを使った掃除が終わってから、次に床のタイル拭きを体験しました。

IMG_0904

水拭きの場合、場所によって使うモップを変えるため、色分けされています。

汚れやすいところ、キレイ目なところはもちろんモップの先を変えているそうです。

IMG_0907

濡らしたモップはそのままだと床がびちゃびちゃになるので、絞ってから行います。

絞り方にも方法が。そこもしっかり習います。

習った後は、モップがけを行いました。自分の足跡が残らないように拭くのがポイントでした。

その後、2班にわかれて現場見学に行きました。

IMG_0912

私クリスはビジネスホテルのベッドメイク班に行きました。

そこではベッドメイク体験をさせて頂き、重いベッドを体を使って動かすこと、

シーツの張り方を丁寧に教えてもらいました。体験した方は、難しくて

顔がしかめっつらになっていたりしましたが、良い体験ができていたようでした。

今回の見学会の振り返りの感想を少しシェアさせて頂きます。

 

  • 簡単だと思っていましたが、話を聞いていると、意外と難しく、速さや見た目が大事で、奥が深かったです。清掃は余り人の目に触れず、気にする人が少ないイメージでしたが、影ではなく役立つ職種です。利用する人が心地よく過ごすために、自分のために、一生懸命がんばる姿を見て、見る目が変わりました。説明もとても分かりやすく、私が困ったときも嫌な顔をせず、何度も丁寧に教えてくれました。普段何気なく通っている道や場所をもっと注意深く見てみたいと思いました。
  • トイレの清掃の時、毎日こまめに汚れを取ることが、ひどい汚れを作らないために大切だという話伺い、毎日少しずつでも行動すると、大変な仕事を作らずに済むという事を改めて学ばせていただきました。

今回の見学会を開催してくださったきらめきの今野様、講習会でお教えくださった小野様、渡辺様、本当にありがとうございました。

P1080641

JTin新潟2017 開催されました。

先週金曜日、1月27日にJTin新潟2017がほんぽーとにて行われました。

来場者は65名で、行政の皆さま、関係機関の皆さま、サポステ利用者の皆さま、多くの方が来られました。

当日は開会挨拶、実績説明、JT体験者インタビュー、大討論会、卒業生のその後のビデオ、新規受入先企業紹介の

順で会が進められていきました。今回の目玉はなんといっても、大討論会!

P1080641

「果たしてJTをすると本当に就労できるのか!?」

お聴きになった方はどのように思ったのでしょうか。企業側の意見、体験者の意見、体験して就労した方の意見、

それぞれの立場から、「なるほどな」と思える意見が飛び出し、「これが正解!」というものはありませんでした。

本当に就労できるのか、という問いに対して、African Bakery Cafeナミテテの工藤様は、

「就労目的の不在」というフリップを出されました。なぜ働くのか、なぜジョブトレをするのか、

その問いに対して本人なりに答えられる必要がある ということをおっしゃられました。

確かに、、、と思うのですが、耳が痛いな、という方がいることも知っています。

「JTは働くためのきっかけの一つ」と言ったのは元JT生で現在正社員として活躍されているNさん。

Nさんは、「私はJTをして、たまたま声をかけていただいて、アルバイトとして採用してもらい、そこで正社員になりました。

JTをした人が確実に働けるようになるというのは言えませんが、わたしの場合はそのきっかけになりました」と

答えました。確かにそうです。数字を見ても、JTをしてその後体験したJT先の就職した方は約3割です。

P1080638

(↑体験者インタビューの動画上映の様子。)

確かに繋がるきっかけとなっていると言えます。ただ、そうでなく、就労できずにいる方がいることも事実です。

今回の会を開催したことがきっかけで、一人でも多くの方が「JT、やってみようかな」と思っていただけたら幸いです。

また、JTを受け入れてくださる企業様が多く必要とされていることも知って頂けたかと思います。

そしてJTが若者の就労支援のツールとして必要とされていることも周知できたのではないかと思います。

多くの方の協力のよって成り立っているJT。今後もますますご声援のほど、よろしくお願い致します。

追伸:ボランティアとしてお手伝いいただいたサポステの皆さま、本当にありがとうございました!素晴らしい動きで感動しました。