1週間のお仕事体験やっています!

1日目

今日から木工団地にある「アイウッド株式会社」さんで、物作りに関心のある4名の利用者さんが職場体験をさせてもらいます。朝礼から参加させてもらい、自己紹介では皆さんの顔と名前を覚える様にと、一生懸命メモをとりました。挨拶や社訓を全員で声出し確認し、一日がスタートしました。個別に職人さんがついて頂き、作業を教えて頂けるようです。早速それぞれ別の作業に取り掛かりました。5月とは思えない夏日となったので体調管理に気を付けながら、これから5日間よろしくお願いします!

2日目

今日も朝礼で声出しがあります。「ありがとうございますっ」と一人が声出しをして、残りの人が唱和します。緊張感があっていいな~と思いました。声を出して様々な確認をすることで、フォークリフトや電動のこぎり等の危険を伴う作業を気を付けて取り組めるんだなと思いました。今日は、1日目とは違う作業をそれぞれが担当します。どうやら、作業内容を毎回ローテーションさせてもらうようです。

3日目

朝の朝礼も慣れてきたところでしょうか。心なしか皆さん前より胸を張って発声できていた気がします。そして動きも機敏になった!?人もいたかな。それぞれが違う作業を担当しました。私が見ていておもしろかったのは、紙やすりを木片の両面に張り付ける作業です。木片と紙やすり、それぞれにスプレーガンでノリを吹きつけてくっつけるのですが、難しい。職人さんたちはいとも簡単にやってしまうのですが、体験者は苦戦していました。はじめての作業だから、それはそうですよね^^

4日目

今日は体験の他に、熊谷社長のご厚意でプランター作りをさせてもらえる事になりました。

「機械を使えば簡単な事だけど、手作業でノコギリを使って作品を作る体験をしてもらいたい。お土産にもなるしね!」との事。午後の1時間程を使って作業しましたが、初めて使う道具たちに中々苦戦している様子。無事に完成出来ますように!

5日目

いよいよ最終日、一人も休む事無く全員でこの日を迎えられました。社員さんや作業にも慣れてきたのか、それぞれ自然に作業に入って行きました。木材を担ぐ姿も様になってきましたね(^^)

最終日ですので、熊谷社長との個別面談(振り返り)も予定されています。気を抜かずに、最後まで頑張りましょう!

アイウッドさん 見学 2019/5/16

来週から始まる一週間のお仕事プログラム。その見学のためにアイウッドさんに訪問しました。

最初に職場を見学させていただきました。工場内は木の香りがしていて、

機械が木を削ったり切ったりする音が響きます。写真は木材の説明を熊谷社長がしているところ。

「図面、わかりますか?」木の組み方、削り方が指定されて書いてあります。

みんな真剣に聞いていますが、図面を見てもわかんないですよねー。スタッフの我々もぽかーんと。

こちらはウッドデッキの材料。綺麗に塗装され整然と並んでいます。

一通り工場内を見学させていただいたのちに、会社説明会や仕事のやりがい、話しにくい給料のことなんかも説明してくださいました。木工のスペシャリストから学ぶ一週間。来週からスタートです。

サポステ洋裁学院4回目開催しました

あんなに暖かかったのに、今日は木枯らしが吹き荒れています。

みなさん、体調崩したりしていませんか?

さて、サポステ洋裁学院の様子をお伝えします。

↑このイラストは職員Kが書きました。さらっと描けるって凄い!

早いものでもう4回目です。

今回はマチの付いた巾着袋を作りました。

ちくちくしたり、アイロンをかけたり、紐を通したり、結構手順があり難しいです。

巾着袋を甘くみていた職員S、なかなか恥ずかしい出来栄えになりました。(拡大して見ないでくださいね(^_^;))

次回はブックカバーを作成します。

 

「若者の未来をサポートしよう!」ナラティブ・アプローチを学ぼうを開催しました。

12月に入り、季節は冬。師走時で気持ちがそわそわしてしまいます。

さて、11月29日(木)に開催した「若者の未来をサポートしよう!」~若者から語られていない話を聴くために~

「ナラティブ・アプローチ」を学ぼうが無事終了しました。今回の会は定員45名のところ、満員御礼で

多くの申し込みをお断りしなければならず、参加を希望された皆様には大変失礼いたしました。

次回開催時はより定員数が多い会場をご用意したいと思います。

今回の研修会の講師は、株式会社キャリア開発サポーターズの浅野衣子先生(代表)でした。

先生は、厚生労働省のサポステ事業の委員のみならず、企業でのキャリア開発・教育など様々な

分野でご活躍されているお方です。そんな浅野先生より、今回は「ナラティブ・アプローチ」に関して

学ぶことができました。まさに今支援業界ではHOT TOPICです。

写真右が講師の浅野先生です。まず参加した皆さんにナラティブ的な問いかけがありました。

「何があなたこをここに来させたのでしょうか?」・・・ なかなか普段聴かない質問ですね。

そんな問いかけから始まったセミナーですが、対人援助者としての在り方や近代の対人支援、

社会構成主義についてから、ナラティブセラピーの成り立ち、そして実践までを今回学ぶことができました。

グループワークもたくさんありました。ロールプレイもなかなか悩まされる!?普段やり慣れていない

問いかけ方法を学びました。「周縁化されたことに焦点を当てることが大切!」と浅野先生。

普段、対面する若者との自身の相談方法を見つめ直す機会にもなりました。

会場の様子です。

 

今回のセミナーの最後に浅野先生が「皆さんに持って帰ってもらいたいことは、『何が語られていないか』という視点です。」

と仰っていました。ふ、深い・・・。

私自身、相談の現場では問題や課題に焦点を当てがちでしたが、そういったことの陰に隠れている周縁化された

ことがらを丁寧に訊いていくこと、先生の言った「希望の発掘作業」を意識して、今後相談に望んでいきたいなあ

と心新たにされました。

ご多忙の中、今回講師として来所した浅野先生、本当にありがとうございました。また懲りずにお越し下さい!

また、お集まりくださった市民の皆様や関係機関の皆様にも感謝申し上げます。今後とも、よろしくお願い致します。

かたやま

メイクセミナー開催しました

27日火曜日に就活の為のメイクセミナーを開催しました。

講師にナリス化粧品の保科さんを迎えて、和やかな雰囲気で行われました。

皆さん真剣に取り組んでいました。

キレイになって、明るい笑顔でセミナー終了となりました。

今回参加できなかった~という方、資料やメイク道具がサポステにあるので、職員に声を掛けてくださいね。

講師の先生はいないけれど、女性スタッフがお手伝いしますよ!

ジョブトレ定期便に行ってきました

11月22日に「畑や かとうふぁ~む」さんのジョブトレ定期便がありました。

土の入ったパレットの整理等をした後、ビニールハウスの清掃を皆で行いました。

物や雑草が雑然としている状況でした。

休憩を挟みながら作業を続けて、とってもキレイになりました。

皆さんお疲れ様でした!

休憩時間にはオーナーの加藤さんから植物についてのレクチャーもあり、大変ためになるジョブトレとなりました。

これからの季節、ハウスでのジョブトレやってみませんか?

Moneyマネジメントセミナーを開催しました

この三連休、寒暖の差が激しくて、着る服に悩んでしまう職員Sです。

皆さんはどの様に過ごされたでしょうか?

 

さて、先週になりますが19日月曜日に「Moneyマネジメントセミナー」を行いました。

当日は22名の参加があり、セミナールームが狭く感じました。

ファイナンシャルプランナーの山田まさみさんを講師にお招きして、社会保障や自立にかかる費用、お金を使う時の考え方まで、学校で学ぶ機会は無いけれどとても大切なお話しを頂きました。

興味深い内容で、質問もたくさん出ていました。

自分で稼いだお金を、ちゃんとマネジメント(管理)して活かして使えたら良いですよね。

今年度はもう一回開催予定です。

時期が合えば是非ご参加ください。

県内サポステ合同事例検討会を行いました

11月2日、新潟県内に7か所(常設サテライト含む)あるサポステの職員が長岡サポステに集まり、合同事例検討会を行いました。お互いに連携し、スキルアップをする事が目的です。

新潟を出発して、お昼ご飯はせっかくなので長岡で美味しいラーメン食べたいねって事で「男前☆飛雄馬」さんへ。

男前な店構えですね~

真剣なまなざしでラーメンを選ぶK総括。

メニューが多すぎで決めるのが大変!

分厚いチャーシューですね~、美味しく頂きました!

さて、本題です。

長岡サポステさんにて、2グループに分かれての事例検討をし、多くの学びを得ることが出来ました。

事例検討後の休憩時間にも交流を深めました。

長岡さん、美味しいお茶とお菓子をありがとうございました。

より良い支援に繋がる様、今後も学びの場を作って行けたら良いですね。

参加した皆さま、お疲れ様でした!

阿部仏壇さま 職場見学&ワークショップ

10月26日、阿部仏壇さまで職場見学&ワークショップが行われました。

はじめに阿部仏壇さまの会社説明がありました。熱心に説明してくださる常務の吉田香那子さん。

参加した皆さんは真剣なまなざしで話をきいています。

 

仏壇の作り方を説明してもらいました。全てのパーツが取れるそうです。なぜなら全て金箔塗装をするからだそう。

 

仏壇の中の装飾に着いて説明してくださっています。ある程度定型のものを作り置きしないと、作るまでに

すごく時間がかかるので、ある程度かたちにしたものをストックしているそうです。ここで工場内の見学は終了。

 

お次はワークショップ!手作りティッシュボックスを作ります。作るといっても、パーツを組み立てるところから

作業開始です。パーツを組み合わせた後に、釘を打つことで強度をあげます。

 

パーツ組が終ったら、装飾です。焼き付けるペンのようなもので、絵や文字を思い思いに描いていきます。

 

完成しました!!それぞれとても個性的。参加した内の2名はやすり掛けを熱心に行い、

装飾が無くてもとても見栄えのする作品に仕上がっていました。「サポステ」と書いたものはスタッフ作。

 

今回は、阿部仏壇さまのお仕事内容を知る事ができ、モノづくりのお仕事のやりがいや面白味を知ることが

できました。心をこめて一つひとつを作っていくことが大切。でも、商売なので生産性も大切。バランスを

大切に、一つひとつを作り上げる職人の皆さんの姿は、無駄がなく、とてもかっこよかったです。

貴重な体験をさせていただき誠にありがとうございました。

 

サポステ洋裁学院始まりました!

新潟サポステでは毎年洋裁学院なるものが開講します。

洋裁店を営んでいるオーナーご夫婦をお招きして本格的な洋裁の技術を・・・

ではなく、手作業しながら楽しくコミュニケーションしましょう!というセミナーです。

6回連続の講座ですが、初回は運針の練習を兼ての雑巾作成です。

手縫いの基本を、丁寧に教えていただきました。

完成品、縫い目がガタガタしている物は職員Sの作品です(笑)

講師の軽妙なトークと共に、針が進む楽しいセミナーとなりました。

次回からは小物作りになります。