利用案内

地域若者サポートステーションとは?

地域若者ステーションとは、厚生労働省の就労的自立支援事業の一環で、義務教育終了後の概ね15歳から39歳までの方の就労支援を目的としております。若者の社会的自立を目指し、各若者の置かれた状況に応じた個別、継続的な支援を実施していくために、自治体の主導による各地域の特性に応じた若年者自立支援ネットワークの構築・維持を行います。若者やその保護者の方に対する相談、セミナー、職業体験など、総合的な相談・支援を実施し、若者の社会的自立を支援します。

相談支援

就労に悩む若者やその保護者に対して相談支援をしています。若者一人ひとりにあわせた支援メニューを選定し、必要な支援が受けられるよう、若者支援のネットワークを利用し、適切な外部支援機関・団体等へ誘導します。その際、就労に至るまで継続的な支援が実施されるようフォローします。

支援プログラムの企画実施

就労経験のない若者や働く意欲の芽生えてきた若者に対して、段階に応じた支援プログラム(コミュニケーションセミナー、キャリアセミナー、職場見学、職業講話、など)の企画と実施をしています。

地域のネットワーク・他機関との連携

相談内容に応じて、ハローワーク・ジョブカフェやNPO・各種支援団体と連携して若者の自立をバックアップします。